村人が勇者をめざすのは間違っているだろうか

~村人から勇者になるための物語~

いま自分はどんな顔をして生きているのだろう?

f:id:zhuangsidajie:20190527004511j:plain

人間は生き方で顔が変わる」とは良く耳にする。

 

第16代アメリカ合衆国大統領のリンカーンは「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」という名言も残しているほどだ。(30過ぎから顔に出るって説もあるけど)

 

自分は今どんな顔しているんだろう。

明るい顔をしているのだろうか?

暗い顔をしているのだろうか?

それとも余裕がなく不安な顔をしているのだろうか?

 

いずれにしてもそれはどんな顔なの?

自分では鏡を見ただけじゃ分からない。気づけない。

 

若い時って男女問わず容姿に着目しがちだったけど、今になってはどうでもいい(って言ったら誤解があるけど)と感じる。

 

良く年齢を重ねている人に対して「いい年の取りかたをしている」という表現がある。

普段世間が使っているこの表現って、個人的に意味が2パターン程あると思う。

 

1つが全く老いを感じさせない程の、細胞の若さを保っている人に向けられるパターン(極端な話、50代で30代に見えるとか?)

 

もう一つはたとえしわだらけの顔でも、その人の内面の良さや経験の深さが一つ一つの表情からにじみ出てくる人。

 

うんどちらも素晴らしいと思う。

人生を本気で生きて、本気で楽しんだその人の生き様が顔に表れるなんて素敵じゃないか。

 

自分も良い顔をして生きていきたいって思うじゃないか。

いくつになっても夢を持って、日々挑戦している人はやっぱり男女問わず美しい。

 

時々眩しくて直視できないくらいに…。

そんなキラキラした大人に自分もなりたいものだ。

 

年を取れば取るほど魅力を増していけるように、日々カッコ良く生きよう。

 

あなたは今どんな顔して生きていますか?