村人が勇者をめざすのは間違っているだろうか

~村人から勇者になるための物語~

人が恋に落ちる時の心のメカニズム

f:id:zhuangsidajie:20190330045923j:plain

こんにちわ!

乙女心が分からない鈍感な村人 かふぇラッテです!

 

今日はみんな気になる恋心の心理を紹介します。「あの人に好かれているかな?」もしくは「好きな人とどうすればもっと親密になることができる?」のような悩みを持っている人も多いと思います。

 

今回の心理学を活用して、是非あなたの恋を上手く実らせるきっかけにして下さい。

ではよーいスタートっ!

一目惚れの心理学

出会った瞬間に相手を好きになってしまう一目惚れ。

 

あなたは経験ありますか?

この一目惚れの現象について世の中では様々な研究がされています。

 一目惚れの時間は?

アメリカの心理学者ジョン・マナーの実験によると人間が好き嫌いの判断をするのは「0.5秒」だそうです。

 

そして男性は好みの女性の場合、ジロジロと見る傾向がありその長さは「8.2秒」という実験結果もあります。

 

「何か最近ある男子からの凄い視線が感じるななぁ」と思い当たる女性諸君。もしかしたらその男子はあなたに「ホの字」なのかもしれませんよ。

男女の違いは?

男性は視覚で好き嫌いを判断することが多いので、一目惚れしやすい傾向にあります。

女性は実際に会って、相手との相性を無意識で確認しながら恋に落ちる傾向があるようですね。

 

それにしても見た目で好きになるわ、ジロジロ見つめるわで行動や仕草に出やすい男ってやっぱり単純なんですかね(笑)

 

逆に女性は付き合いが浅いうちは表面上で好き嫌いの区別が難しそうですね。

 

「あの子、絶対俺を見つめてたって!脈ありだって!」と浮かれててもただの勘違いの場合のが多いので迂闊な判断は避けましょう。

 ボッサードの法則~遠くの花より近くの花~

f:id:zhuangsidajie:20190330044343j:plain

ボッサードの法則」とは相手との物理的な距離が近い(家が近い、席が隣同士等)とお互いの心の距離も近づきやすくなるという意味です。

 

逆に相手との物理的な距離が遠くて(家が県外で遠い等)なかなか会うことが出来ないと心の距離も離れてしまいがちです。

 

遠距離恋愛が失敗しやすいのはそういった心理作用が大きいのでしょう。

 

このことから好きな人に対しては積極的に近づいてみるようにするのも一つの手段とも言えます。

自然な振る舞いで接することができれば、相手もこちらに対して親近感をもってくれる可能性アップですよ。

 

そしてこの「ボッサードの法則」を活用する時は、極端に嫌われたり苦手に思われていないことが前提ですのでただ近寄れば良いと言うわけではありません。

 恋愛の相補性と類似性~自分にない特徴に惹かれあう~

人は身体的や外見的魅力が自分と似ている人をパートナーに選ぶ傾向があり、これを恋愛の類似性理論と呼んでいます。

趣味が合う、好みがあうと言った似た者同士は親密になりやすいです。欠点としては長く付き合っていくとマンネリ化したり、似てるが故にケンカ別れが多くなることです。

 

一方、人は性格的・内面的に自分が持っていない特徴を持つ相手に惹かれる傾向もあります。これは恋愛の相補性理論と呼ばれます。

別々の特徴で補い合うような性格の特性が長く付き合う上で望ましいとされます。

また付き合っていく中で役割を補い合う関係を作ったカップルが長続きするとも言われています。

 

アメリカの社会学者R・F・ウィンチの調査でも、お互いがもっていない特徴をそれぞれもっているカップルがお互いに惹かれあい関係が長続きしやすいという結果が出ています。

 

この「相補性と類似性」を実際に活用することもできます。

まだ付き合っていない状態ではまずお互いの類似性(共通点)を見つけたり作り出して、親密度をアップさせるのが効果的です。

 

また慣れてきたら行きなり相違性をアピールするのも手です(笑)

「相手が肉食系なら草食を演じて、相手が草食ならガンガンアピールする肉食系に…」のような感じで接することで上手く関係が進むこともあります。

 

あなたの意中の相手との共通点は何ですか?

 

 ポール・ウィルソンの実験~肩書きは侮れない~

 肩書が高い人ほどその人の頭が良さそうにも仕事が出来そうにも見え、さらには身長まで高く見えてしまうということが明らかになっています。

これを「ポール・ウィルソンの実験」と呼ばれています。

 

実際にどのような調査を元に提唱された理論かと言いますと、心理学者ポール・ウィルソンがオーストラリア国立大学で行った実験があります。

 

いくつかの学生のグループに対して同じ人物を肩書きを変えて紹介した所、地位が高い肩書きほど人物的な評価や身長が高くみられるようになったのです。

 

「偉いは大きく見える」という心理効果は大昔の狩猟時代に名残だと言われています。

 

つまり自分から見て相手の身長が実際よりどう見えるかで、相手への畏敬や尊敬が分かります。

逆もまた然りですね。

 

機会があれば気になる相手に「俺(私)って身長どれくらいに見える?」と聞いて自分への評価を確かめてみるのもアリですよ。

 最後に

f:id:zhuangsidajie:20190330044234p:plain



人間の行動や思考パターンには必ず意味があります。

もちろん恋においても例外ではありません。

 

今回紹介した心理学を活用しておけば気になる相手の気持ちを確かめたり、お互いの親密度を向上させることも可能になります。

 

心理学は相手だけではなく自身の分析にも多いに力を発揮できますので、あなたも日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

では本日も村人ラッテのブログを読んでいただきありがとうございました!

 

また会いましょうね~。