村人が勇者をめざすのは間違っているだろうか

~村人から勇者になるための物語~

好きな人のタイプは?って質問ほど自分には難しいものはない

f:id:zhuangsidajie:20190507032211j:plain

こんにちわ!かふぇラッテです!

 

何故この記事を書こうと思ったのだろうか自分にも分からない(笑)フッと思い立ったんだ。書かなきゃって…。

 

…でもこういう恋バナ的なのは嫌いではないですけどね。たまのバラエティ枠の記事として、面白いかもしれないです。

 

ところであなたの周りにも老若男女、世代問わず良く出る話題ってあります?

たとえば「好きな女性(男性)のタイプは~?」みたいなの。

 

その質問、どう答えればいいですか…?

考えたことないの。うん本当に。

 好きなタイプは?それくらいあるでしょ?

「そんなのありません。以上です」

 

って答えようものなら「異性ならだれでも良いのか(笑)」みたいにチャラい扱いされるし、ちょっと無難に「好きになった人がタイプです」って答えれば「つまんね」って言われる。

 

何て答えれば正解ですか泣

ただそういう話しをネタにして、盛り上がりたいだけですよね…。

 

あっちなみに自分の名誉のために言いますと異性に興味がないわけでもなく、ましてや誰でも良いとか論外です。

ちゃんと自分なりの解釈というか、こだわりはもっているつもりです。

 

仮に「タイプ」って人それぞれの個性だとして、それの「好き嫌い」を自分の中で先入観として決めつけたくないだけです。

 

あまり理想像にとらわれてしまうと、せっかくの良きご縁も知らぬ間に去ってしまいそうで。

 

あと自分だけかもですが、視野が狭くなる。

もっと相手のことを良く見て理解したいと考えた場合、「自分が決めつけてる好みのタイプ」って少し足かせになってしまいます。

どうしてもその基準(タイプ)に満たしているかどうかで相手を見てしまいますからね…。

 

それだと相手の本当に素晴らしい面に気づく機会を失ってしまう。非常にもったいないですよ。

 タイプにこだわらずに「人」を見れば色々な発見がある

f:id:zhuangsidajie:20190507032729j:plain

 人ってみんな自分色の眼鏡をかけてこの世界をみているのです。

自分の価値観や経験。思い込みという強いフィルターは、本来見えるべきものもぼやけさせてしまいます。

 

「私、ダメ男を良く好きになっちゃうんだよね…。」って知り合いの女性がいますが、まあ恋愛の失敗あれこれを良く聞かされます。

 

失敗を次の恋愛に生かして修正していければいいんですが、本人の心の中で「私はダメ男が好き。ダメ男としか付き合えない」という固定観念があるので、結局また同じような人と付き合う…。

 

心理的にまったく違うタイプの人と付き合うよりも、経験による「慣れ」と「安心」もあるから似たような人を好きになってしまうのも仕方ないのですが。

 

ラッテからしたら自分から良い出会いや縁を遠ざけているように思えて不便でならない(笑)

 

なのでラッテは自分の色眼鏡を取り外して、人を見るようにしているんです。

 

世代関係なく沢山の人とお話をする。

普段自分があまり関わらなそうな人とも積極的に会話してみる。

 

たったこれだけでも視野がどーんと広がりますから。多くの気づきや学びも得られますから。そして新しい出会いも見つけやすくなりますから!

 

自分のイメージとは全く違う相手の一面も発見できることも多いですしね。

 

付き合いが長くてよく見知った相手に対しても同じです。視野が広がり視界がクリアな状態で見つめることが出来れば、自分が知らなかった相手の良い部分をドンドン見つけることができるはずです。

 

自分が人のどんな所に魅力を感じて好きになるのか分かりません。でもそれを発見できるのも恋愛の楽しみの一つでもあります。ラッテの場合はね…(笑)

 

「好きな人=理想の相手」ではないですから。

 

…なんか変な方向に話が行ってしまった感がありますが、ラッテが「好きな異性のタイプは?」の質問が苦手な理由でございました。これ、聞かれるたびに説明する?

 

絶対みんな「?」って反応しますよね?(笑)

まあこんな話のネタみたいな質問に対しても、こんな風に深く考えてしまうの癖なんですよね(笑)なんか楽しいのです。

内向型人間の特徴でもあるのだ。

ちなみにラッテは笑顔フェチです←(どうでもいいし、話し変わってるし)

やっぱり自然と出てくる笑顔が一番魅力的なのです。

個人的に「笑顔」が一番のモテの秘訣。←(誰も聞いてないからもうやめて~)

最後に

この記事を書いて思ったこと・・・「穴があったら引きこもりたい」

一体誰得?何してるの自分?(笑)

 

って感じで自分のことばっかりお話しましたが、共感できる人いるのかな~?

 

でもちょっと楽しかったので、たまには許してくださいね。

 

今後もちょこちょこぶち込んでいこうかな?

 

では今日も読んで頂き、すみませ…ありがとうございました!

 

(^.^)/~~~