村人が勇者をめざすのは間違っているだろうか

~村人から勇者になるための物語~

人が嘘を付く理由って?基本的には自分を心をまもるため。

f:id:zhuangsidajie:20190412041947j:plain

こんにちわ!を付くとすぐ顔にでる不便な村人、かふぇラッテです!

 

はい、これから「嘘」をテーマにした心理学記事も書いて行こうと思っております。

今後、公開する予定の記事として、

「心理学で嘘を見抜く方法」「嘘で自分を変える方法」「嘘で人間関係を変える方法」

「嘘で恋愛を成就させる方法」等々、あなたの人生に少しでも役に立てそうものをピックアップして不定期でお伝えしていきます。

 

人間は意識的に、そして無意識に365日嘘ついて生活していると言われています。

今回の題材は「人はなぜ嘘をつくのか?」です。

一緒に嘘にまつわる素朴な疑問について学んでいきましょう。

 人が嘘を付く4つの理由とは?

f:id:zhuangsidajie:20190412042024j:plain

 この世に「嘘を付いたことがない」という人がいたらきっとそれが嘘です。それほど人間と嘘は切っても切れない関係にあるのです。

嘘を目的によって分類すると4つの種類があると言われています。

4つともあなた自身にもほとんど当てはまる内容ではないでしょうか?

防御の嘘

自分の身を守るための嘘。

本能的についてしまうことが多い為、善し悪しや真偽の判断で抑えるのが難しいです。

 

例)「待ち合わせに遅れてゴメン!電車が遅れて…」(本当は寝坊…)

背伸びの嘘

自分を大きく見せる為の嘘。

過去の恥ずかしい秘密を隠そうとするのもこれに当たります。

 

例) A「テスト何点だった?」

  B「は、80点だったぜ!(本当は60点だけど…)」

欺瞞(ぎまん)の嘘

他人をだますことにより自分が利益を得るための嘘。

これは詐欺罪など犯罪になる恐れもありますね。

 

例) 「この商品は限定物で今しか手に入らないよ~?(実は限定物じゃないけど…)」

擁護(ようご)の嘘

他人をかばうために付く嘘。

嘘を付くことによって「相手を守れる」と判断してかばう嘘です。

 

例) A子「実はわたし、最近太ったかも…」

  B太「そ、そんなことないよ~」

 日本人は嘘に寛大?

賛美両論あるかとは思いますが、「嘘は悪いこと」と決めつけられるものではないのではと考えます。

 

先ほど挙げた犯罪の発展のおそれのある「欺瞞(ぎまん)の嘘」でも、世の中では競争社会に勝つための戦略として認められることもあるので何とも複雑です。

 

他にも嘘を容認してる「嘘も方便」という言葉や、正直すぎることをからかう「馬鹿正直」なんて言葉があるように嘘の働きは誠実さと同じくらい重要視されていることが分かりますね。

 嘘をつくのが平気な人の心理

f:id:zhuangsidajie:20190412042100j:plain

 上手く説明するのが難しいのですけど、わたしラッテは理屈ではなく感覚的に相手の嘘が分かることが多いのです。(村人のスキルかな?笑)

 

中には平気で嘘を付く人も何人か知っています。

「息を吸うように自然に嘘が出てくる」例えるとそんな感じです。

 

その人達は自分がついた嘘によって何かしらの不利益がかからない限り、嘘を付いてもストレスや苦痛を感じません。

「良心が傷をつく」なんてことももちろんありません。

嘘を付いても平気なタイプには以下の3つの特徴があります。

詐欺師タイプ

積極的に嘘をついて相手や周りをだまそうとするタイプです。

主に金銭的な利益やメリットを得るために意識的に嘘を付きます。

このタイプは高い知能の持ち主であることが多く、仕事面でも有能。

そして嘘を見抜かれにくいと言う特徴がありますので、いわゆるやっかいでヤバイ奴ですね。

演技派タイプ

このタイプは日常生活自体がやや芝居がかっています。

自分が中心にいないと気が済まず話しを盛ったり作り話をする自己中心的なタイプと、人に好かれたい願望が強く他人の目を意識しすぎて、できないことまで安請け合いしてしまう意志薄弱なタイプがいます

 

特に意志薄弱なタイプはその場しのぎの嘘であることが多くバレやすい傾向があります。

だからと言って反省することはなくその後もバレやすい嘘を付き続けるのが特徴です。

 自己愛タイプ

自分自身にしか関心がなく、権力や名誉を手に入れるためなら簡単に嘘を付くタイプです。

ナルシストの傾向が強いとこのタイプに当てはまる可能性が高いですね。

とにかく自分が大好きで特別扱いされたい。そのためなら嘘を付くことも当たり前と考えています。

 

以上平気で嘘を付く人を3つのタイプで紹介しました。

あなたの周りに当てはまる人はいますでしょうか?

 最後に

今回初の「嘘の心理学シリーズ」として紹介しましたがいかがでしたか?

ラッテ自身も学んでいく中で「なるほど!良いこと知った!」と思えたことを中心に記事にしてみました(笑)

今後も「楽しい」「面白い」と思っていただける学びを提供していきたいので温かく見守ってくださいな。

 

では今回も最後までよんで頂いてありがとうございました!

 

ばーい(^.^)/~~~