村人が勇者をめざすのは間違っているだろうか

~村人から勇者になるための物語~

外見としぐさからウソを見抜く方法

f:id:zhuangsidajie:20190415073357j:plain

お疲れ様でございます。かふぇラッテです。

さて嘘シリーズ2記事目です。

 

うそは訓練すればあるていど見極めることが可能なのです。悪い人に騙されて損もしたくないですし「自分騙されやすいかも~」なあなたにおすすめです。

 

ササっと読める文字量にしてますのでお気軽に楽しんで頂けたらなと思います。

では今日もあなたの役にたてることを祈ります!
 

 嘘を見破るなら手足や行動に注目

f:id:zhuangsidajie:20190415073437j:plain

 ラッテの経験上、人は意識的にうそをつくと必ずどこかしら「違和感」のある行動をします。「違和感」とはしぐさや視線、「声の調子」など人それぞれの無意識な反応、つまり「嘘をついたときの癖」が個々にあります。

 

うそを完璧にみぬきたいのであればまずその人特有の行動の癖を把握する必要があるのと、人の行動の小さな違和感を見逃さない観察力が求められます。

嘘はノンバーバルコミュニケーションに現れる

ノンバーバルコミュニケーションとは言葉以外の情報(顔色や表情、動作等)で相手の気持ちを察知して行うコミュニケーションのことです。

うそを付いている人はそうでない人に比べて全体的に落ちつきがないということが明らかになっています。

例えば…

  • 手で鼻や口など顔にふれる
  • 髪の毛をさわる
  • 手や指を頻繁にうごかす
  • 足を組みかえたり貧乏ゆすりをする

そしてラッテの場合は上の動作を出さないよう心みるも変わりに視線がありえないほど泳ぐ(泣)

むしろその方が不自然か…気を付けよう。

 

 うそは言葉よりも表情やからだの動きにあらわれるのは絶対なのです。

人の言葉で言いくるめられやすい人は普段から「人間観察」をする癖をつけるといいでしょう。

慣れてくると人のしぐさや行動のみである程度、心の内が読めますよ。いやホントに。

視線の動き

心理学者ヘムスライによると「目をふせて話す人は、相手の目を見て話す人に比べて信頼性が半分以下になる」という実験結果があります。

 

これはうそをついてなくとも目を合わせるのが苦手な人には少し損な結果かもしれませんね…。

仕事や面談など、大事な場面ではなるべく相手と目を合わすポイントを作って乗り切りたいものです。

 

またうそをつく人はつい視線をそらせようとしますが、見抜かれたくないのなら相手と目があった時にはニコ~っと微笑むほうが、まだごまかせます。

 

 

ちなみに女性のうそは「視線」の動きだけで見抜くことはかなり難しいらしい…。

うそをついても女性は逆に相手の目を見つめる傾向がある人が多いからです。

ん~…難しい。

 外見やしぐさに表れる嘘の見抜きかたは?

f:id:zhuangsidajie:20190415073502j:plain

 例外はあるにせよ、やはりうそをつくと人は罪の意識やうしろめたさを感じますよね?その気持ちが無意識に体の動きに表れてしまうのです。

こうした外見の変化に気づければ相手のうそを見破り、あなた自身の身を守ることができるかもしれません。

足の動き

足が最もうそがでやすいと言われています。恋人を問いただす時等にさりげなくのぞいてみましょう。

  • 貧乏ゆすり・足を頻繁に組み替える不安感、心の動揺のあらわれ。
  • つま先が出入り口の方向を向いている早くその場から去りたい気持ちがある。

手の動き

足にくらべて手は複雑な動きが出来る分、本心がでやすい。そして自分も相手の手の動きは観察しやすい。

  • 手をしきりにこする動揺している証拠。
  • 口や鼻のあたりを触る緊張・不安を感じている。
  • 手を隠したりポケットに入れる自分の気持ちを知られたくない心理が働き。
  • 腕組み・こぶしを握る警戒・拒絶。嘘がバレるのを恐れている可能性が高い。

目の動き

キョロキョロするなど多くの人の動揺が目に出てしまいます。そしてラッテもうそをつくとここが強く表れます(笑)

  • 目をキョロキョロ不安感があるのと、頭の中でいろいろ考えを巡らせている。
  • 視線をそらす・下を向く相手を恐れていたり、やましいことがある。
  • まばたきの回数が増える緊張と不安のあらわれ。話題を変えたいと思っている

表情

顔の表情からは意外にうそを見抜きにくい。いつもと比べてどこが違うか読み取ろう。

  • いつもより表情がかたい後ろめたい気持ち。うそをごまかそうとしている。
  • 頻繁にあいづちをうつ…。余計なことを聞かれたくない為、聞き役に回ろうとしている心理
  • 笑いが少なくなる・または笑いすぎ緊張して心にゆとりがない状態。

姿勢

からだの動きと感情はリンクしやすい。イスの座り方にも注目しよう。

  • ひんぱんに姿勢を変える会話をもう打ち切りたいサイン。
  • イスに浅く腰掛ける緊張か早く立ち去りたい気持ち。相手に対して警戒心をといていない。
  • イスに深く腰かける初対面の場合は優位な立場で話を進めたいタイプ。慣れた相手ならリラックスしている証拠。

さすがに「うそをついても見破れない自信あるよ~」って人でも体にでる全てのサインは隠しきれないでしょう。

もしくはあなたも気づかない内にうそのサインだしているかもですよ?

 

 最後に

お疲れ様でした~。ちょっと堅い感じの記事になってしまったかもと少し反省。

あっちなみにあまり人間のうそに敏感になって疑心暗鬼になりすぎるのも要注意ですよ。

悪人相手は別として、本当にまごころであなたに接してくれている人を傷つけちゃ嫌ですもんね。

 

そしてラッテはうそつきじゃありません。どっちかというと正直者で馬鹿を見るタイプです。(どうでもいい…)

 

では今日も読んで頂きありがとうございました!

 

バイバイ~